障害年金(国民年金、厚生年金、共済組合)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A



障害年金のしくみ
障害年金受給資格
 
障害年金・等級表
 
障害認定日
 
障害年金の年金額
 
事後重症の障害年金
 
基準傷病の障害年金
 
20歳前傷病の障害年金
 
初診の証明が取れないとき
 


 肺がん、子宮体癌/障害年金の申請




■肺がん(肺扁平上皮癌)・末梢神経障害 男性・50代

 抗ガン剤治療を開始。合計4種類の抗ガン剤治療を受けた。そのため副作用により運動障害が出現。徐々に両足のしびれ、麻痺がひどくなり、両足が硬直し始め歩行が困難となった。

 その後、がん転移による放射線治療を始めたが、その影響で吐き気がひどくなる。放射線照射の影響で周辺の筋肉がひどくなった。食欲がなく、強い吐き気が常にある。1日中寝込んでいる状態で衰弱状態にある。

結果:障害厚生年金2級+障害基礎年金2級(事後重症)



■子宮体癌、転移性肺がん 女性・50代

 子宮体がん(ステージ3)と診断され手術。退院後は抗ガン剤治療と放射線治療を受けた。副作用の影響で頭痛や吐き気が強く食欲が全然なかった。体調不良で寝込むことが多くなる。リンパ浮腫やしぼり腹(腸閉塞)、嘔吐、下痢などの症状があった。

 数年後、がんが肺に転移。抗ガン剤治療を受けたが数年後、肺に再々発。再び抗ガン剤治療を受けたが治療の効果がなかったので、医師が抗ガン剤治療を中断した。自宅で療養することになった。月日の経過と共に徐々に体力が奪われていった。

 その後は、咳がひどくなり、ついに血痰が出始めた。胸部の腫瘍が大きく膨れており、座っているだけでも圧迫され苦しい。つらくて長く座ることができない。家族の介助を受けていた。 

結果:障害厚生年金2級+障害基礎年金2級(遡及請求成功)


■その他の認定事例(がん)

 肺がん・髄膜癌腫症

 肺がん(肺扁平上皮癌)子宮体癌 

 乳がん・転移性肝腫瘍

 直腸癌(人工肛門造設) 

 ホジキンリンパ腫 

 膀胱癌 尿管癌

 胸腺癌 

 舌癌 

 フォン・ウィルブランド病 


  障害年金・受給事例 
うつ病 脳出血 がん リウマチ
 腎不全 てんかん 眼 パーキンソン病
 

遡及(さかのぼり)申請・事例


障害年金・無料・電話相談
平日・9:00〜18:00


キャンペーン実施中!
【料 金 表】

072-288-1671

厚生年金、国民年金、国家・地方公務員共済組合、
公立私立学校共済組合、市町村職員共済組合の
障害年金に対応しています。

障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】

Copyright© アビリティ障害年金申請センター All rights reserved.