障害年金(国民年金、厚生年金、共済組合)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
障害年金のしくみ
障害年金受給資格
 
障害年金・等級表
 
障害認定日
 
障害年金の年金額
 
事後重症の障害年金
 
基準傷病の障害年金
 
20歳前傷病の障害年金
 
審査請求事例
 
初診の証明が取れないとき
 


 特発性拡張型心筋症



動画で学ぶ障害年金のしくみ





■特発性拡張型心筋症(ペースメーカー装着) 兵庫県・50代

 特発性拡張型(うっ血型)心筋症とは、心室の筋肉の収縮が極めて悪くなり、心臓が拡張してしまう病気で肥大型心筋症よりも予後は厳しいものとなっています。また、不整脈や心不全の重い人では、心臓の腔内に血の塊(血栓)ができて、それが血流に乗って流れると脳の血管などにつまって脳梗塞を起こすことがあります。

 ご相談者の場合は、職場の健康診断にて心臓の精密検査を勧められたことがきっかけで受診しました。症状としては息切れが激しく徐々に行動が制限されていく感じだった。検査の結果、特発性拡張型心筋症と診断。その後、階段の上り下りや荷物を持つことが徐々にできなる。数か月後、胸の苦しさ、息切れを感じ急遽、入院。このとき、心臓ペースメーカーの装着手術を受けた。心胸郭係数48%、EF(左室駆出率)50%

結果:障害厚生年金3級(事後重症・認定)

 
心筋梗塞、狭心症・認定事例

 大動脈弁置換術後(人工弁装着)


心臓ペースメーカー、植込み型除細動器(ICD)を装着された場合は、原則として3級相当となります。なお、術後の経過及び予後、原疾患の性質等により総合的に判断し、さらに上位等級に認定されることがあります。


 
お電話お待ちしています。

電話相談・無料
072-288-1671




お客様の感想

料金表(成功報酬)

よくある質問(Q&A)


審査請求について

  障害年金・認定事例 
うつ病 脳出血 がん リウマチ
 腎不全 てんかん 眼 パーキンソン病
 

遡及(さかのぼり)申請・認定事例


障害年金・無料・電話相談
平日・9:00〜18:00


キャンペーン実施中!
【料 金 表】

072-288-1671


障害年金の専門事務所・近況


厚生年金、国民年金、国家・地方公務員共済組合、
公立私立学校共済組合、市町村職員共済組合の
障害年金に対応しています。

障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】

Copyright© アビリティ障害年金申請センター All rights reserved.