障害年金(国民年金、厚生年金、共済組合)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A



障害年金のしくみ
障害年金受給資格
 
障害年金・等級表
 
障害認定日
 
障害年金の年金額
 
事後重症の障害年金
 
基準傷病の障害年金
 
20歳前傷病の障害年金
 
審査請求・事例
 
初診の証明が取れないとき
 
キャンペーン実施中!

【料金表】



 


 双極性感情障害・うつ病|障害年金の申請・認定事例



 ・双極性感情障害(躁うつ病)での認定事例  


    
5年遡及で約1000万円が支給された事例

■双極性感情障害(躁うつ病) 大阪府・40代

 ご本人様の奥様から相談を受けました。
 最初の頃は、うつが半年ほど続きその後、躁状態になるということを繰り返すとのことでした。躁状態になるとよく出歩き、家に帰ってこなくなる。

 さらにクレジットカードを使いすぎる。逆にうつ状態となったときは生活意欲や仕事への気力がなくなり、一日中自宅に引きこもり寝込んでいる。

 1年間休職した後、復職できず退職。それ以降は、就職できても長続きすることができず、退職と就職を繰り返している。現在、1か月ごとに躁と鬱を繰り返している。鬱になると必ず「自信をなくしたから働くことができない。」と口にする。

 ご依頼者様は、遡及(さかのぼり)請求を希望されていましたので、2枚の診断書の依頼と病歴・就労状況等申立書の作成を慎重に進めました。

 奥様からのヒアリングの結果、ご主人様は相当酷い状態であったと推測されますので、そのことを医師に伝えるためにも、奥様からより詳細な事実をお伺いし、「日常生活についての報告書(当事務所のオリジナル資料です。)」を作成しました。

 さらに、病歴・就労状況等申立書におきましても診断書ではカバーされていない部分を詳しくアピールし申請しました。

 数か月後に届いた結果は、無事、さかのぼりで障害厚生年金2級が認定されました。

結果:障害厚生年金2級+障害基礎年金2級(5年さかのぼり認定)

*配偶者や子の加算額も該当したため、年金額は約200万円となり、
遡及額(5年分)は合計で約1000万円となりました。


072-288-1671


障害年金・無料電話相談
平日・9:00〜18:00



キャンペーン価格実施中!

【料 金 表】


■双極性感情障害(躁うつ病) 大阪府・40代

 ご本人様より電話があり、後日、面談しました。
 症状としては、当初は抑うつ状態でしたが、その後、うつ病、さらに双極性感情障害と診断されたケースです。

 落ち込みが酷い状態でしたが、しばらく経過したのち薬が効き始め、今度は急に意欲が湧き、仕事に役立つ資格をとるためにスクールに通いはじめた。スクールでは1人でずっとしゃべっていると周りから言われていた。

 体調も良くなり猛勉強して資格を取得。その後も意欲が続きパソコンの資格に申し込む。講習の終盤で、急に勉強が嫌になり、最後はスクールにも不参加となる。

 しばらくうつ状態が続いた後に再度、躁転。投資で成功する気になり株を購入。再度、意欲的になり簿記講座に申し込み猛勉強をはじめる。気分の高ぶりと落ち込みが激しく、自分ではわからないが、気分の良いときは1人でしゃべり続けたり話をオーバーにしたりすることがよくある。また、お店で店員の対応が悪いときは、極悪なクレーマーに変貌する。

 今回の件も、上記同様、遡及請求の希望でしたので、
事前に十分なヒアリングと打ち合わせを行い「日常生活についての報告書」を作成。

 さらに病歴・就労状況等申立書では、より具体的な内容をアピールした結果、さかのぼり(約3年分)で障害厚生年金・障害基礎年金2級が認定されました。(3年分でしたが約400万円が支給されました。)

結果:障害厚生年金2級+障害基礎年金2級(約3年分さかのぼり認定)



ご自身の場合、どうかな?と迷われている方は、
まずは、お気軽に、ご相談下さい。


 障害年金がもらえる可能性がありそうか?どうか?
 社会保険労務士が回答します
 (障害年金成功事例・多数あり)


 電話相談・無料(全国対応)

072-288-1671


障害年金の専門事務所・近況


 障害年金のメール相談

また、遡及(さかもぼり)請求ができる可能性があるかどうかも踏まえて、対応いたします。




障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】


 うつ病での認定事例(認定実績多数)
          10
 11 12 13 14 15 
16 17 18 19 20



5年遡及で約730万円が支給された事例

■うつ病(1) 兵庫県・男性・40代

 ご本人様の奥様からの依頼でした。上司から毎日のようにパワハラを受けていたことで悩みはじめた。徐々に精神的に追いつめられる。夜、翌日の出勤のことを思うと眠れなくなった。1〜2時間で目が覚めるなど睡眠不足の状態が6か月ほど続き、次第にうつ状態になった。

 その後、会社に出勤できなくなった。抑うつ気分が酷く、日中でも布団からでられなくなり、引きこもり状態となったため、家族に連れられ精神科を受診。うつ病と診断され約7年通院。その間の症状としては、抑うつ状態、思考・運動停止、自殺企画、希死念慮、興味喪失、無関心など。

 当初は、奥様自身で障害年金の書類を準備しておられましたが、病歴・就労状況等申立書の書き方に悩み、当事務所に相談がありました。

 結果、2級として認定日請求が認められ、5年遡及の障害厚生年金及び障害基礎年金(合計約730万円)が振り込まれました。

 最後に奥様から「一人で手続きを行っていたら、さかのぼり分はもらえなかったと思います。本当に感謝します。」と言ってもらえて、専門家として一番うれしい一言をいただきました。

結果:障害厚生年金2級+障害基礎年金2級(5年遡及認定)



■うつ病(2) 大阪府・男性・50代
 
 歯科で医療ミスにあったことが原因で長期のトラブルとなる。痛みと精神的な悩みから眠れない日が続き、心療内科を受診。その後も改善せず精神的に疲れてしまい、何事にも興味をもてなくなった。

 さらに仕事もできなくなり、一日中家で寝込む状態となった。歯科医師とのトラブル以降、精神的に病んでしまい、人と接することもしんどくてできなくなった。障害基礎年金2級が認定されました。

結果:障害基礎年金2級(事後重症・認定)



■うつ病(3) 神奈川県・男性・40代

 仕事のストレスが大きく精神科に通院。睡眠導入剤、精神安定剤など合計8種類の薬を飲んでいることで、夜の睡眠はできるようになったが、早朝覚醒が激しく、朝3時頃に目覚める。そのあと眠れず、午前中は体調が悪く動けないような状態。仕事は軽易な仕事を選んでも、就職して2,3か月程しか続けることができない状態。

 離婚後は自殺について、「どこで死のうか」、「どんな方法で死んだら楽か」を考えることが多くなった。現在もうつ状態がひどく体調不良は改善していない。経済的な理由もあり無理矢理就職するが、1〜2か月しか続けることができない。当事務所に相談があり、障害共済年金を申請した。(地方職員共済組合)

結果:障害共済年金2級+障害基礎年金2級(事後重症・認定)



全国対応|北海道, 青森, 岩手, 宮城, 秋田, 山形, 福島, 茨城, 栃木, 群馬, 埼玉, 千葉, 東京, 神奈川, 新潟, 富山, 石川, 福井, 長野, 山梨, 岐阜, 静岡, 愛知, 三重, 滋賀, 京都, 大阪, 兵庫, 奈良, 和歌山,鳥取, 島根, 岡山, 広島, 山口,徳島, 香川, 愛媛, 高知,福岡, 佐賀, 長崎, 熊本, 大分, 宮崎, 鹿児島, 沖縄県

厚生年金、国民年金、国家・地方公務員共済組合、
公立私立学校共済組合、市町村職員共済組合の
障害年金に対応しています。

障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】

Copyright© アビリティ障害年金申請センター All rights reserved.