障害年金(国民年金、厚生年金)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター:大阪
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
最近の認定事例

障害基礎年金1級
てんかん

障害厚生年金2級
慢性腎不全

障害基礎年金2級
精神遅滞

障害厚生年金2級
関節リウマチ

障害基礎年金2級
ポリオ・内反足

障害厚生年金2級
多系統萎縮症

障害厚生年金2級
高次脳機能障害

障害共済年金2級
うつ病

障害厚生年金2級
パーキンソン病

障害厚生年金2級
腎不全・人工透析

障害厚生年金2級
肺がん

その他認定事例多数有り
お客様の感想


 障害年金を受給された方々からの喜びの声が届いております。
          10


K.N様 40歳代 大阪府枚方市
 
 傷病名:双極性障害

 障害厚生年金 2級(5年遡及認定)



 主人のことで大変お世話になり、本当に有難うございました。
この度、さかのぼり(5年遡及)と障害厚生年金2級が認定され、私たち夫婦は救われました。谷口先生には、感謝の気持ちで一杯です。

 障害年金の申請は、記載する書類も多く、大変困難な手続きで、とてもじゃないけれども、個人で出来るものではないと痛感しました。専門の社会保険労務士の先生にお願いしてよかったです。

 数あるホームページをいろいろ調べて、相談したいと思ったのが、アビリティ年金センターの谷口先生でした。心身な対応で、安心してお願いする事が出来ました。

 今回、谷口先生に出会えて、本当に良かったです。救っていただいて、本当に有難うございました。




■社会保険労務士谷口のコメント


 奥様から依頼がありご自宅まで訪問させていただきました。第一印象でKN様の状態はかなり重いと感じました。また、初診日以降、現在に至るまで就労も出来ない状態であるとの事で、遡及請求(さかのぼり請求)を提案させていただきました。

 KN様の申請に関しましては、障害認定日時点の病院と現在の病院が異なるため、それぞれの病院に診断書を依頼する必要がありました。特に障害認定日時点の診断書の内容により遡及請求が認定されるかどうか決まるため、非常に重要なポイントとなります。

 作成を依頼した医師は障害年金の診断書の作成経験がなく非常に心配でしたので医師の承諾の基、病院同行させていただき、障害年金制度及び診断書作成の注意点について詳しく説明させていただきました。その結果、障害認定日当時の症状を適切に記載していただき、これが決めてとなり、遡及請求が認定されました。病院同行させていただいた価値が十分にありました。

 一番希望する形での認定が取れましたので、私も結果を聞き安堵しました。今後も、ずっとフォローさせて頂きたいと感じております。


 4ページ

Copyright© アビリティ障害年金申請センター(本部・大阪) All rights reserved.