障害年金(国民年金、厚生年金)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター:大阪
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
最近の認定事例

障害基礎年金1級
てんかん

障害厚生年金2級
慢性腎不全

障害基礎年金2級
精神遅滞

障害厚生年金2級
関節リウマチ

障害基礎年金2級
ポリオ・内反足

障害厚生年金2級
多系統萎縮症

障害厚生年金2級
高次脳機能障害

障害共済年金2級
うつ病

障害厚生年金2級
パーキンソン病

障害厚生年金2級
腎不全・人工透析

障害厚生年金2級
肺がん

その他認定事例多数有り
お客様の感想


 障害年金を受給された方々からの喜びの声が届いております。
          10


A.H様 20歳代 奈良市
 
 傷病名:てんかん

 障害基礎年金 2級(5年遡及認定)


 障害基礎年金2級、遡及請求もできました。ありがとうございました。

 最初は自分で過去の病歴を振り返って書き出したり、主治医の先生にお願いして診断書を書いてもらったりしていたのですが、手続きがとてもややこしい上に、自分は発作時において記憶がとんだり、突然動き出したり、話し出したりする奇行が前兆なく起きるので、「てんかん」自体について考えることが嫌でした。

 遡及請求が出来ることも知りませんでしたので、相談にのっていただけて本当によかったと思っています。

 支給決定後にも、メールや電話でちょっとした相談にものっていただけてますので、とてもありがたいです。また、次回の更新の時にもお願いしようと思っています。




■社会保険労務士谷口のコメント

 AH様の場合、すでに完成済みの診断書を2枚取得されておられました。ただ、相談に行かれた年金事務所では遡及請求(さかのぼり請求)にかんする詳しい説明がなかったとの事でしたので、遡及請求を含めた障害年金制度の全般的な説明をしたうえで、2枚の診断書の内容をチェックしました。

 ところが、各診断書について、重要箇所について記入漏れや不備がありました。てんかんの申請の場合、てんかん発作の種類や頻度に漏れがあると致命傷となります。また、日常生活に関する状況に関しても、病状が重く、単独での行動に相当制限があったにもかかわらず、軽めの評価であった為、実際の状況を詳しく記載した報告書を作成し、適切な内容に修正した頂きました。

 審査の結果、遡及請求が認定され、障害基礎年金2級(5年遡及)が支給されました。一番希望した形の結果となり安堵しました。
 

 また、次回の更新の際も、引き続きフォローを続けていきます。

 次のページ(3ページ)

Copyright© アビリティ障害年金申請センター(本部・大阪) All rights reserved.