障害年金(国民年金、厚生年金)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター:大阪
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
障害年金のしくみ
障害年金受給資格
 
障害年金・等級表
 
障害認定日
  
障害年金の年金額
 
事後重症の障害年金
 
20歳前傷病の障害年金
 
審査請求について 
 

 受診状況等証明書(初診の証明)が取れないとき



 もし、受診状況等証明書(初診の証明)を取得できない場合は、当事務所にご相談下さい。

 個別ケースにより異なりますが、
専門的知識と経験を基に調査、検討し、可能性を追求します。

  初診のカルテがないとき


障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】


現在かかっている病院が初診の病院ではない場合は、一番最初にかかった病院(診療所)で受診状況等証明書を取得します。


ちなみに、初診(受診状況等証明書を作成する)の病院と診断書を作成する病院が同じ場合は、受診状況等証明書を省略できます。


問題は、初診日が10年も20年も前にある場合、病院にカルテが残っていないことが多く、受診状況等証明書を取れないというケースです。(カルテの保存期間は終診より5年です。)


その様なときは、1件目の病院については「受診状況等証明書が添付できない理由書」を作成し、2件目の病院に受診状況等証明書を依頼します。


2件目の病院にもカルテが残っていないときは、1件目と同様、「受診状況等証明書が添付できない理由書」を作成し、3件目の病院に受診状況等証明書を依頼します。


この様にして、「受診状況等証明書」を取得できるまで繰り返します。


カルテの保存がどの病院にもなく、最終的に診断書を作成する病院までたどり着いた場合は、受診状況等証明書を作成する病院と診断書を作成する病院が同一となるため受診状況等証明書については省略できます。


なお、「受診状況等証明書が添付できない理由書」を提出する場合は、
以下の参考資料があれば添付します。


ア.身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳

イ.身体障害者手帳等の申請時の診断書

ウ.生命保険、損害保険、労災保険の給付申請時の診断書

エ.会社の健康診断の記録

オ.母子健康手帳

カ.健康保険の給付記録(レセプト含む)

キ.お薬手帳、糖尿病手帳、領収書、診察券
(可能な限り診察日や診療科が分かるもの)

ク.小学校、中学校等の健康診断の記録や成績通知表

ケ.盲学校、ろう学校の在学証明、卒業証書

コ.その他




もし、受診状況等証明書(初診の証明)を取得できない場合や健康診断記録がない場合は、
当事務所にご相談下さい。

 個別ケースにより異なりますが、
専門的知識と経験を基に調査、検討し、可能性を追求します。


障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】

Copyright© アビリティ障害年金申請センター(本部・大阪) All rights reserved.