障害年金(国民年金、厚生年金、共済)の申請代行・不服申し立て(審査請求、再審査請求)/アビリティ障害年金申請
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  成功事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
障害年金のしくみ
障害年金受給資格
障害年金・等級表
障害認定日
障害年金の年金額
事後重症の障害年金
基準傷病の障害年金
20歳前傷病の障害年金
審査請求・成功事例
初診の証明が取れないとき
 
障害認定基準・一部紹介
精神疾患の認定基準
知的障害(精神遅滞)
糖尿病・代謝疾患
人工透析・腎疾患
呼吸器疾患による認定基準
心疾患による認定基準
肝疾患による認定基準
化学物質過敏症
悪性新生物(がん)
難聴・聴覚の障害
上肢の障害
下肢の障害
体幹の障害
肢体の障害
血液・造血器疾患
舌癌・言語機能の障害
併合認定基準
ポストポリオ症候群
線維筋痛症
その他(人工肛門・新膀胱)

  
 



成功報酬:@又はAのうち高い方の額(税別)

@年金額の2か月分
A初回振込額×10%

出張面談について

成功事例 お客様の声


 申立書などの提出書類や診断書の内容は現状を反映していますか?

 障害年金の裁定請求は、専門家に依頼しなくてもご自身で手続きを進めることができますが、各種書類を作成するにあたり、その傷病に応じたツボをおさえていない場合は、実際には重い障害等級に該当する状態であっても、その書類での審査により、実際よりも軽い障害等級での認定、あるいは障害等級に該当せず、不支給の決定を受けてしまうことがあります。


 また、2級とも、3級ともとれるようなボーダーライン上のケースでは、@診断書の内容、A申立書の書き方、B役所の担当者の最終判断で、2級か3級のどちらかに決まります。あるいはぎりぎり3級になるかならないかのボーダーライン上のケースも同様です。

 


 そこで、私共がお手伝いできるのは、2級か3級のボーダーライン上の事案の場合、日常生活能力や労働能力レベルをしっかりと聞き取り、その事実に基づいて診断書を作成してもらえるように日常生活能力についての報告書をしたり、さらにツボをおさえた申立書を作成する事により、日本年金機構(または共済)の審査部の担当者が適正な判断ができるような書類づくりを目指します。3級か不支給かのボーダーライン上の事案も同様です。



 障害年金の請求は、専門性を要しますので、当事務所では、単に書類を作成して役所に提出する提出代行的な立場で事務的に手続きを進めるのではなく、障害年金の受給権を勝ち取るための総合的なサポートサービスを実施いたします。


 つまり、私どもの業務の進め方は、ご依頼者様の労働能力や日常生活能力に関する具体的な項目についてヒアリング調査を行い、しっかりと現状を把握した上でその結果をレポートにまとめます。さらに医師が作成した診断書についても、ヒアリング調査により把握した事実との整合性を確認し、必要に応じて診断書の訂正依頼を提案するなど専門的立場でツボをおさえたサポートを行います。


 また、難題に遭遇した場合は、同業者同士のネットワークをフル活用し、徹底的に情報を収集し、可能な限り対応できるような体制を構築していますので、まずは、電話またはメールにてお問い合わせ下さい。


*当事務所も含めてですが社会保険労務士事務所に依頼した場合であっても、すべての事案について年金が支給されるという訳ではございません。あるいは希望通りの障害等級に該当する訳でもございません。この点につきましてはあらかじめご了承願います。



1.障害年金申請手続代行サービス

■料金

障害年金申請手続
代行サービス

次の@又はAの額のうち、高いほうの額+消費税

@年金額(障害基礎年金および障害厚生年金の合算額)の2か月分相当額

A初回年金振込額の10%(遡及請求による時も初回年金振込み額の10%)

*障害手当金の場合も支給額の10%となります。
 

ただいまキャンペーン中につき、このサービスのみ
 
着手金無料サービス実施中です。(成功報酬金のみとなります。)

病歴・就労状況等申立書の作成について、他の事務所では別料金として10,000円の費用が発生する場合がございますが、当事務所では発生しませんのでご安心下さい。病歴・就労状況等申立書の作成も含めて、上記の成功報酬となります。

 出張面談については、こちらをクリック願います。

■サービス内容

・障害年金に関する相談
・初診日要件の確認と受給資格の確認
・障害年金申請書類の取り寄せ
・日常生活報告書(ヒアリングシート)の作成(精神疾患の場合)
・診断書の記入内容の点検
・病歴・就労状況等申立書の作成

・年金請求書の作成と提出書類の点検
・年金事務所への提出及び窓口での折衡

■ご依頼者様にしていただくこと

 基本的には以下の通りです。
・初診の病院に受診状況等証明書の作成を依頼する。
・診断書の作成を依頼する。(遡及希望の場合は診断書2枚必要です。)
・住民票、戸籍謄本、課税証明書などの市役所での書類を取得する。

また、場合によっては、年金事務所から追加資料の要求があります。
その際、市役所の書類や医師に作成していただく書類につきましてはお願いします。

 当事務所では、成功報酬制で業務を進めますので、料金のお支払い時期は、実際に障害年金を受け取ってからで構いません。(仮に不支給決定があった場合は、成功報酬金は発生しません。ただし傷病手当金を受けているという理由で障害年金んお権利は発生したが支給停止となっている場合は、成功報酬は発生します。)

 つまり、後払い制ですので、安心していただいて、なおかつ、サポート方法についても、納得していただけた場合に、契約させていただきたいと考えております。

 ただし、申請をしても認定が非常に困難と想定される場合など、当事務所の判断により、このサービスを受託できない場合がございます。その場合、お問い合わせ時、あるいは契約の前にお知らせしますのであらかじめご了承願います。

■国家、地方公務員等共済組合、または私立学校共済在籍中の場合は、障害共済年金が支給停止となりますが、成功報酬は発生します。

3級の場合は障害共済年金の2か月分(最低保障として105,000円)、2級の場合は障害共済年金+障害基礎年金の合計金額の2か月分となります。




■オプション(現在中止しています。)

 
誠に申し訳ございませんが、現在、業務多忙につき病院への同行サービスは中止しております。ご理解の程、よろしくお願いいたします。
なお、ご希望があれば、「日常生活能力についての報告書」は作成しますので、その報告書と診断書を医師にお渡し願います。

@病院同行サービス

 ご依頼者が社会保険労務士による病院同行を希望される場合、まずは、主治医に対して「社会保険労務士が同行する旨」の承諾をお取り願います。その上で、同行サービスについて打ち合わせします。

 料金:1回(病院での待ち時間を含め60分まで)につき、日当1万円+交通費
 ただし、60分を超えた場合は追加料金として、30分につき5,000円発生します。

 *交通費は、病院が大阪府内の場合は一律1,000円
 *大阪府以外の場合は、JR大阪駅からの交通費(実費計算)

A戸籍謄本、住民票、課税(非課税)証明書の取得代行

 1回につき、1万円(消費税別)+交通費



2.審査請求代行サービス

 障害年金の不支給決定があった場合、
 不服申し立て(審査請求、再審査請求)をすることができます。

■料金

 着手金3万円成功報酬金(次の@又はAの額の高いほうの額
 (別途消費税要)
*ただいま、着手金無料サービス実施中。

@年金額の3か月分相当額
 ただし、15万円未満の場合は15万円となります。

A遡及支給の不服申立の場合は、遡及額(初回年金振込み額)の20%

当サービスを申し込みされる場合は、事前審査がございます。

まずは、メールにて内容をご連絡願います。
審査の結果、お引き受けするかどうかを回答させていただきます。

ただし、不服申し立て(審査請求・再審査請求)の手続期限が60日以内となっていますので、残りの日数が20日未満の場合は、期限的に厳しいのでお引き受けできません。ご了承願います。

 審査請求・成功事例(一部記載)



3.支給停止解除に関する代行サービス


 更新手続きの結果、これまで受給していた障害年金が突然停止されることがございます。その場合、新たに取得した診断書の内容により、支給停止を解除できる場合がございます。

■料金:成功報酬制(@又はAの額のうち高い方の額+消費税)
 @年金額の2か月分相当額
 A初回振込額の10%相当額)

*ただいま、着手金無料サービス実施中。



4.年金額改定手続き代行サービス

 現在受給している障害年金の等級よりも、今の症状の方が増進していると感じておられる方は、一度ご相談下さい。改定請求の審査の結果、上位の等級に認定されることがあります。

■料金:着手金1万円成功報酬金(年金額の2か月分
*ただいま、着手金無料サービス実施中。

 交通費など、当面の移動代等に当てるため、着手金を先払いで頂いています。(以下のサービスも同様です。)

 なお、着手金は移動代等で使用しますので、仮に障害年金不支給の決定があった場合でも、返金することはできませんので、その点につきましては、あらかじめご了承願います。



 当事務所では、成功報酬制で業務を進めますので、料金お支払い時期は、実際に障害年金を受け取ってからで構いません。(仮に不支給決定があった場合は、成功報酬金は発生しません。)

 ただし、交通費や調査料など、当面の費用に当てるため、着手金を先払いで頂いています。なお、着手金は移動代等で使用しますので、仮に障害年金不支給の決定があった場合でも、返金することはできませんので、あらかじめご了承願います。 


5.船員保険請求代行サービス

 船員保険の保険給付の請求手続きを代行します。
・職務上障害給付(障害年金または障害一時金)及び特別支給金
・障害年金支給停止解除申請
・障害年金等級改定請求

■料金:着手金2万円成功報酬金(@+Aの合計金額)

 @障害給付額(年金額または一時金)の20%
 A特別支給金(年金額または一時金)の20%
 (別途消費税要))

*ただいま、着手金無料サービス実施中。

*遺族給付も上記と同基準で承ります。


6.有料相談サービス

 誠に申し訳ございませんが、現在、業務多忙のため、有料相談サービスは、中止しています。以下は参考です。時間に余裕が出てきましたら再開します。

障害年金に関する相談サービスです。
上記1から5のご契約を頂いている場合は、こちらの相談の料金は発生いたしません。

このサービスのご利用の際は、まずは電話にて「有料相談サービスを希望」とお伝え願います。その後、料金の振込口座をお伝えします。入金確認の後、お振り込みの日から2週間以内の日時を決めて、相談サービスを実施いたします。

(注意)このサービスは当事務所から携帯電話にかけ直すことはしていません。また、事案によっては、お受けできない場合もございますので、ご了承願います。

■料金
 
 基本料金(1時間以内):10,000円(消費税別)
 追加料金:1時間を超えた場合は、以後1時間につき5,000円(消費税別)


Copyright© アビリティ障害年金申請センター All rights reserved.