障害年金(国民年金、厚生年金)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター:大阪
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
障害年金のしくみ
障害年金受給資格
 
障害年金・等級表
 
障害認定日
  
障害年金の年金額
 
事後重症の障害年金
 
20歳前傷病の障害年金
 
審査請求について 
 






 アビリティ障害年金申請センターの代行サービス



■障害年金・請求手続代行サービス

当センターのサービスの特徴

@まずは電話及びメールにて詳しく相談

A日常生活能力調査(個別ヒアリング)

B遡及請求に関する説明と提案

C日常生活状況の報告書作成(精神疾患の場合)

D診断書の点検

E病歴・就労状況等申立書作成のためのヒアリング

F病歴・就労状況等申立書の下書き、追記、編集、完成

G専門家が年金事務所へ出向き手続を完結


を徹底的に実践し、全力で取り組みます。
以下、具体的な流れです。


1.障害年金の受給診断を行います。

 お名前、生年月日(年齢)、ご住所、電話番号、傷病名、初診日、初診時に加入していた年金の種類、おおまかな年金加入期間、就業の有無、傷病手当金の受給の有無、加給年金対象者の有無、現在の症状等をお聞きします。そのうえで、遡及請求の可能性の追求と損をしない為の提案をいたします。


2.障害年金書類一式の送付(面談予定の場合は省略)

 障害年金の受給資格を満たしている場合、障害年金に関する書類一式を、ご自宅へ郵送します。


3.面談(遠方の場合は電話またはメールにて打ち合わせ)

 障害年金のしくみを説明させていただいた後、これまでの病院履歴、勤務状況、生活状況等について、十分なヒアリングを行います。(日常生活能力調査、労働能力調査)


4.日常生活状況報告書の作成(医師向けのレポート)

 当事務所では、日常生活で支障のあることを細かくお聞きし、「日常生活状況報告書(現状報告)」を書面で作成します。この書類は、診断書を作成する医師に対する当センターオリジナルの書類です。


5.診断書の記入内容のチェック

 診断書のコピーを当事務所に郵送していただき、記載内容を点検します。必要な項目の記入漏れなどの不備がないかどうか?を確認します。


6.病歴・就労状況等申立書の作成

 申立書の内容に沿ってヒアリングを行い作成します。電話が苦手な方には、メールのみで対応することもできます。 下書き、追記、編集を経て当センターで完成させます。


7.年金請求書の作成、提出

 必要書類をそろえて裁定請求書を年金事務所に提出します。
 提出後、年金事務所からの問い合わせや照会は当事務所で対応します。  


8.成功報酬のお支払い

 おおむね3〜4か月後(厚生年金の場合は5〜6か月後)に、支給決定か不支給かの通知が届きます。支給決定の通知の場合は、そこから50日前後に振り込みが行われます。その際、契約上の金額を当事務所へお振り込みしていただきます。


9.更新手続き後の対応

 障害年金には、更新手続きがございます。更新手続き自体は診断書を提出するだけですのでご自身で可能です。(当事務所に代行依頼するほどではございません。)

 問題は、病状等に変化がないにも関わらず、更新後、等級が下がったり支給停止になることがございます。その結果に納得できない場合は、不服申立(審査請求)、または支給停止解除請求についてアドバイスさせていただきます。(代行手続きも可能です。)


  

Copyright© アビリティ障害年金申請センター(本部・大阪) All rights reserved.