障害年金(国民年金、厚生年金)の受給資格の相談・手続き代行業務/アビリティ障害年金申請センター:大阪
障害者年金申請/アビリティ障害年金申請センター
TOPページ  認定事例  代行サービス  料金表  事務所案内  連絡フォーム  Q&A
最近の事例

障害基礎年金1級
てんかん

障害基礎年金2級
肝硬変・肝不全

障害厚生年金2級
慢性腎不全

障害厚生年金2級
双極性感情障害

障害厚生年金2級
糖尿病・腎不全

障害岸年金2級
緑内障

障害厚生年金1級
もやもや病

障害基礎年金2級
精神遅滞

障害厚生年金2級
関節リウマチ

障害基礎年金2級
ポリオ・内反足

障害厚生年金2級
多系統萎縮症

障害厚生年金2級
高次脳機能障害

障害共済年金2級
うつ病)(うつ病

障害厚生年金2級
パーキンソン病

障害厚生年金2級
腎不全・人工透析

障害厚生年金2級
肺がん


 
障害年金のしくみ
障害年金受給資格
障害年金・等級表
障害認定日
障害年金の年金額
事後重症の障害年金
基準傷病の障害年金
20歳前傷病の障害年金
病歴・就労状況等申立書 
初診の証明が取れないとき
障害年金・不支給時 
 
障害認定基準・一部紹介
精神疾患の認定基準
糖尿病・代謝疾患
人工透析・腎疾患
呼吸器疾患による認定基準
心疾患による認定基準
肝疾患による認定基準
化学物質過敏症
悪性新生物(がん) 
眼(視力・視野)の障害  
難聴・聴覚の障害 
上肢の障害
下肢の障害
体幹の障害
肢体の障害
血液・造血器疾患
舌癌・言語機能の障害
ポストポリオ症候群
その他(人工肛門・新膀胱)


 障害基礎年金の支給要件

1.初診日要件

傷病の初診日において
@被保険者であること。
A被保険者であった者であって、日本国内に住所を有し、かつ、60歳以上65歳未満であること。


2.障害認定日要件

障害認定日において、障害等級1級又は2級に該当する程度の障害の状態にあること。

*障害認定日とは、初診日から起算して1年6月を経過した日、又は、その期間内にその傷病 が治った場合は、その治った日(その症状が固定し治療の効果が期待できない状態に至った 日を含む。)のことをいいます。


3.保険料納付要件

■初診日が平成3年5月1日以降の方

 @原則

 傷病に係る初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までに被保険者期間があるときは、保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が、被保険者期間の3分の2以上あること

 A保険料納付要件の経過措置(特例)

 初診日が
平成38年4月1日前にある傷病による障害については、(1)の納付要件を満たしていなくても、初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの1年間に保険料納付済期間と保険料免除期間以外の被保険者期間(すなわち保険料滞納期間)がない場合は、保険料納付要件を満たしたこことされます。ただし、初診日において65歳以上である者には、この経過措置は適用されません。

(例)平成20年8月10日が初診日の場合、初診日の前日(8月9日)の時点で初診日の前々月である平成20年6月までの保険料納付状況で判断します。


■昭和61年4月1日〜平成3年4月30日までの間に初診日がある方

 @原則

 初診日の前日において、「初診日の属する月前における直近の基準月(1月、4月、7月、10月)の前月まで」に被保険者期間があるときは、保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が、被保険者期間の3分の2以上あること

 A保険料納付要件の経過措置(特例)

 初診日の前日において、「初診日の属する月前における直近の基準月(1月、4月、7月、10月)の前月まで」の1年間に保険料納付済期間と保険料免除期間以外の被保険者期間(保険料滞納期間)がない場合は、保険料納付要件を満たしたこことされます。ただし、初診日において65歳以上である者には、この経過措置は適用されません。

(例)平成2年7月21日が初診日の場合、初診日の前日(7月20日)の時点で初診日の前の基準月(4月)の前月である平成2年3月までの保険料納付状況で判断します。



 障害厚生年金の支給要件

1.初診日要件

傷病の初診日において、被保険者であること。


2.障害認定日要件

障害認定日において、障害等級1級、2級、3級に該当する程度の障害の状態にあること。


3.保険料納付要件  

障害基礎年金と同じ保険料納付要件を満たしていること。




障害年金のご相談・申請代行は、こちらをクリックして下さい。
【障害年金の相談】

Copyright© アビリティ障害年金申請センター(本部・大阪) All rights reserved.